• 求人媒体とは?上手く活用するためには

    日本においては高齢者人口は増え続け、その逆で少子化は拡大傾向にあります。晩婚化や出生率の低下によって、日本における労働人口の減少と不足が深刻に懸念されている現状があります。

    このような状況下の中で、企業の採用担当者は企業に有益な能力の高い新しい人材を安定的に確保する責務があります。

    求人媒体について補足説明いたします。

    企業における新人職員採用や即戦力が必要な場合の転職者の採用に関しては、希望する人材を確保するために求人媒体を上手く活用する必要があります。

    求人媒体とは、企業に有益な新たな人材を確保するために、求職志望者の応募を広く集めるために使用する媒体のことを指します。

    求人媒体には様々な種類があります。

    求職者長い間広く利用されていた、厚生労働省からの指示を受けた雇用対策を広く展開しているハローワークをはじめ、運営会社がそれぞれの特徴を持って独自に運営されている求人媒体などたくさんあります。



    一昔前までは、新聞折り込みチラシや雑誌、フリーペーパーなどによる紙媒体が主流でしたが、近年はインターネットなどの普及によりWebサイトを活用した媒体が広く浸透し、掲載方法も多種多様化しています。

    だからこそ、希望する優秀な人材を確保するためにはこれらの中から効果の高い媒体を選択する必要があるのです。求人媒体を上手く活用するためには、どのような人材を確保したいのか明確なターゲットを絞ることが肝心です。


    近隣住民などの地域に根ざした採用を希望する場合には、新聞折り込みやタウン誌などがマッチしています。


    専門職の技術者を採用したい時は、専門職用の転職求人サイトなどマッチングした媒体を効率よく利用する事がポイントなのです。