• 様々な求人媒体とその特徴

    求人媒体、といえども最近は様々な種類があります。

    ハローワークのような、無料で求人を出せるサービスや、求人情報誌など、記事を作ってもらって有料で求人を出すサービスがあります。

    求人媒体について考察してみましょう。

    最近では、企業が求職者をスカウトする求職エージェントサービスなど、様々な種類があります。

    ハローワークで求人を出す場合のメリットは、なんといっても無料で求人を出すことが出来る点です。

    他にも、トライアル雇用助成金など、ハローワーク経由で労働者を雇った場合に助成金を貰えるなどのメリットがあります。

    ただ、求職者に関する情報が履歴書や職務経歴書、あとは面接をして得るしかありません。



    実際に求めている人材とか異なる人が面接に来る、ということもあるかもしれません。
    ただ、無料で求人を出せるのは金銭的にありがたいことですね。
    求人情報誌は求人を出すのにお金がかかります。

    ただ、求人原稿も製作会社に作成してもらえるので、そのような点では非常に楽でしょう。



    ですが、求人情報誌を使って求人を出したとしても、応募が来ない、ということも考えられますので求人情報誌を出す際には、会社の強みや他社との違う魅力を出すのが大切だと言えるでしょう。

    転職エージェントとは、インターネットを主に使用して求職者と企業をつなぐサービスのことです。求職者は自分の職務経歴などを入力し、在職中でも会社にばれることなく、転職活動を進めることが出来ます。


    企業からのスカウト制度もあるので転職活動を有利に進めることも出来ます。

    企業側としても、求めている人材を探しやすいですが、こちらもやはり有料です。

    さまざまな求人媒体がありますが、企業側としては経験のある人材が欲しいのか、自社で育てるから未経験でもよいのかなど希望に合わせて求人媒体を選択し、活用していくことが重要だと言えるでしょう。